日記の最近のブログ記事

今日はドレンポンプについて説明したいと思います。

エアコン(主に業務用)には冷房運転時に室内機に溜まった結露水を排水するため
「ドレンポンプ」というものが内蔵されております。
名称の通りポンプです。

室内機熱交換器結露にて発生した大量の水はドレンパンという発泡スチロール製の水受けに集められ、
その溜まり水をドレンポンプにて吸い上げ排水します。

が、ドレンパンには汚れと細菌、そして水分が集結されるため「スライム」という
泥上・粘液状のドロドロしたカエルの卵の様なものが発生します。
これがドレンポンプの吸込口に詰まるとあっという間にドレンパンが満水となり
エアコン自体がエラー停止となります。
恐らく飲食店様なら幾度となくご経験があるかと思います。

エラーコードをメーカー別に記載すると、
ダイキン:A3 三菱電機:P5 三菱重工:E9 日立:01 東芝:P10
※一般的に上記症状にて発報しやすいコードですので、ものに依っては
別のエラーコードを発報する場合もあります。

そしてこのエラーが出てしまうと基本的に室内機を分解し
ポンプやドレンパンを清掃しないと解消しません。

でも! 緊急の場合の裏技ですが、 室内機グリルを開け、下から機械を見上げると、
四隅のどこか1ヵ所に写真1のようなゴム栓を見つけることができます。 (写真2がゴム栓拡大)
このゴム栓を抜けばドレンパン内の水を抜くことができ、
運転状況にも依りますが数時間、冷房運転を再開できます!

でも、ゴム栓抜くのめっちゃ固いです...。
そして、だいたい3~5リットルくらいの水がかなりの勢いで穴から落下してきますので、
バケツで受けるのは当然ですが周辺に濡れたら困るものがないことを確認してから作業してくださいね...。
この裏技はあくまでも応急処置です。
ドレンエラーがリモコンに表示された場合は当社までご一報ください!

清掃前

 

清掃中

 

清掃後

 

エアコン室外機のお話

本日はエアコン室外機のお話。

みなさん、エアコンが室内機と室外機がセットで運転、能力を発揮することはご存知かと思います。

室内機は普段から目に入るのでフィルターのお掃除などして頂けてると思いますが、室外機は??

室外機は景観を損ねる、などの理由から人目に付かない場所(家の裏の方やビルの隙間など)に設置しがちです。
が、実はエアコンの心臓部は全て室外機にあります。
よって、室外機の設置状況や汚れにより冷暖房の効率が全く違うものになります。

今回は室外機の背面に付いている熱交換器。

こちらが埃や土などで汚れ目詰まりを起こすと、
冷暖房の効率が悪化し徐々にエアコンが効かなくなり、最終的にはエラーを発報し停止します。

ただこのエラーは温度や圧力を検知しているので、
停止し温度や圧力が下がると再度運転可能となります。
で、再度、温度・圧力上昇で停止。
これを繰り返していると最悪な事態として圧縮機や基板などが故障し高額修理となってしまいます。

最近はケルヒャーなど高圧洗浄機が安価で購入できる時代。
もし保有しているのであれば室外機背面の熱交換器を洗浄することをお薦め致します。
そんなことやる暇ない、面倒だよ、本当に素人が洗って大丈夫なの?と思われる方は、
いつでもお気軽にご連絡下さい!
ついでに室内機もセットで洗浄をご検討を。

室外機背面の熱交換器

この作業により一気に冷房が効くようになりお客様にも喜んで頂けました!


目詰まり状態
 
当社による薬品洗浄作業中

洗浄後の状態(というかこれが本来の姿)です

前回に続き、飲食店様向け排気関連のお話。

当社では「機械が壊れたから修理して」というご依頼を多数頂きますが、
清掃作業も行っております。

厨房には室内の熱気を排気するために「フード」というものが設置されており、
フード内には湯気に含まれた油分をキャッチするためのオイルフィルタや
火事が生じた時にダクトを通じて延焼をさせないための防火ダンパなどが設置されています。

これらの清掃は衛生面でも安全面でも重要な作業です。

特に防火ダンパ。
こちらは清掃だけでなく同時に点検も行うことで万が一の時の安心をご提供しております。

清掃作業はお客様の閉店時間にお邪魔し、しっかり清掃させて頂いております。

 
 

防火ダンパ清掃前・後の写真


洗浄前
 
洗浄後

排気ファンのお話

本日は排気ファンのお話

僕らは給排気設備の給気ファン、排気ファンなんて呼びますが、
飲食店舗の方々は「ダクト」なんて呼んだりします。

なので「ダクトで異音」や「ダクトが吸わない」なんてご依頼を受けると
大体が排気ファンのファンベルトが劣化し規定の回転数でファンを回せず風量が落ちたり、
スリップ音が爆音なので近隣から苦情が来たり、ダクトを伝って厨房内で異音がしたりします。

今回のお客様は屋上に排気ファンが設置してあり、
やはりファンベルトのスリップ音にて近隣から苦情が来たそうです。

点検したところ、写真の通りベルトが緩々になってます。

持参した新品と交換、規定の張りに調整、回転物なので芯ずれが無いようにも調整し完了です。

 

ここで豆知識!!

写真の様にベルトの文字が白いものを「スタンダード」
交換後の赤い帯があるものを「レッド」と呼ぶのですが、
「レッド」は「スタンダード」に対し耐久性が約1.6倍あるのです。
なので年中無休の飲食店様にはお薦め商品で、
当社が対応した店舗様には必ず「レッド」を装着しています。

 

当社では、このように関東圏の飲食店様を中心に給排気設備の故障に依る緊急修理も行っています。
もちろんメーカーも問いません!お気軽にご相談ください。

東京国立市のケーズブレインズでは、
エアコンの清掃やメンテナンスによる冷暖房効果の向上にも対応しております。

今回は立川市の夜の飲食店様からのご依頼です。

エアコンの効きが悪いとのことで調査のご依頼を受けました。
調べてみると、室内機のフィルタに埃がびっしり。
これでは確かに風量が落ち冷えません。

ということでフィルタ清掃を実施・ 更に室外機を点検してみると、
内外機を繋ぎ冷媒ガスをやり取りしている冷媒管の保温材が経年劣化にて露出していました。

冷媒ガスは室外機にて適正な温度、圧力に変更され室内機へ送られます。
それにより適正な熱交換が行われ冷暖房が設定温度通りに効くのですが、
この冷媒管が露出しているとそこでの温度変化が生じてしまうので効率が悪くなります。
こちらも新たな保温材にてしっかり修復。

これらの作業に依り室内機の吹出し温度が5℃も下がりました。
お客様にもご満足頂き完了です。

これから暑い夏がやってきます。
エアコンの洗浄や修理・補修など、今のうちに済ませておけば安心ですね!
何か気になることがあればいつでもお気軽にご連絡下さい!

清掃前

 

 

 

清掃後

 

 

 

東京国立市のケーズブレインズでは、
空調機の入れ替えやメンテナンスへ対応しております。

今日は某牛丼屋さんの空調機入替工事のお話です。

客席2台と厨房1台、計3台を入れ替えます。

通常は夜間に作業するのですが、
今回は店舗上がマンションとのことで騒音を懸念し日中作業をご希望。
なるべく営業時間を多くとりつつ、
売上減も最小限にするために
ランチ時間後の14時~20時で作業させて頂きました。

それでも作業中に自動ドアの前まで来て、
「やってないの??まじかよ~」というお客様が結構多くいらっしゃり、
日本の牛丼ブームの根強さと申し訳なさでいっぱいでした。

作業も順調に進み、無事に開店!
見た目も、吹出す風も綺麗になりご満足頂きました。

社内的にも、まだ修行中の若手社員にOJTもでき完璧でした!
ちなみに写っている写真は若手ではありません・・・。

images_44.jpg images_45.jpg
images_46.jpg images_47.jpg

東京国立にありますケーズブレインズです。
今回はトイレのお話をご紹介いたします。

知り合いの知り合いが杉並の荻窪で居酒屋さんを経営していらっしゃって、
そこのトイレが「和式」だそうで、それを「洋式」にして欲しいとのこと。

実はあまり知られていませんが、
リフォーム的な改造をしなくても
簡単に「洋式」に変更できる器具があるんです。
TOTOさんから出している「スワレット」という商品なんですが
既設の「和式」トイレの上にカパっと被せる感じで固定し
配管してあげると、なんと「洋式」便器に早変わり。

で、変更理由、
やはり高齢化に伴い「洋式」への変更が必要なんだろうなぁと
勝手に思いながらオーナーさんに聞いてみると、
なんと、最近の若者は「和式」トイレの使い方を知らないんだとか・・・。
お客さんから「これ、どうやって使うんすか??」と
質問が来るのが面倒で変更したいそうです(笑)

まぁ、黒電話だってどうやってダイヤルするのか若者は知らないかー。
と勝手に納得しましたが。
もしや、うちの娘たちも・・・と心配になりました。

ということで、器具代、作業費合わせて5万円!
安すぎです!
あ、トイレットペーパーホルダーの位置変更を忘れずに!
忘れると場合によっては、背中、つります・・・。

images_43.jpg

東京都 国立、立川、国分寺エリアにてエアコン・空調の洗浄や修理、
トラブルへ対応しておりますケーズブレインズです。

我々、ケーズブレインズではセブンイレブンさんのエアコン保守管理を行っています。

多摩地区を中心に約500店舗ほど。
定期点検は春、秋、冬の年3回。
薬品分解洗浄は3年で全店舗を洗浄するイメージです。
ここまでは良いのですが問題は緊急対応。。
対応は24時間365日、 薬品分解洗浄は3年で全店舗を洗浄するイメージです。
しかもエアコンが停止状態の場合は発生から2時間以内に到着、がお約束。

もちろん夏の繁忙期はもう少しお時間を頂いておりますが、
水漏れから異音、異臭、エラー停止まで
様々なトラブルが日々舞い込んできて
チーム一丸となって対応させて頂いております。

これ、本当に大変なんですが、
でも技術と様々な能力が身につくんです。

現地でのスピーディーな作業、判断力、
臨機応変な対応、オーナー様との折衝能力などなど。
日々、サービスマンたちが成長していくのが目に見えて分かります。

そういえば、先日、セブンイレブンさんのオーナーさんと
お話する機会があり面白いお話が。
卵やさん、というより養鶏場ですかね?
セブンさんと契約すれば卵御殿が建つほど安泰らしいです(笑)
パックの卵以外にお弁当やおでんにも使われていますね。
全国約20,000店舗ありますからね、そりゃそうでしょう(笑)

ま、本当か嘘かは知りませんが・・・
でも、
うちもエアコン御殿?いえ、自社ビル建てたいなぁ

images_42.jpg

東京国立市にあります株式会社ケーズブレインズです。
今日は都内某お蕎麦屋さんの排気ファンのお話をご紹介いたします。

都内のお蕎麦屋さんから、排気ファンに関するご連絡をいただきました。
先週調子が悪くなり厨房が熱気で大変なことに。。

そこで店舗様がいつもお付き合いしている業者を手配され土曜日に現場調査実施、
結果、「排気ファンが詰まって?いてファンが回らない」という診断。

でも肝心の詰まり?清掃作業は1週間後でないと予定が空かない、
とのことで困り果てた店舗様が弊社のHPを見つけご連絡を頂きました。
ありがとうございます!!

そして本日、お客様のご都合時間に合わせ早朝5時より現地訪問してまいりました。
排気ファンは2台あり、設置は厨房の天井内とのこと
(天井内、めちゃくちゃ暑いんです・・・どこの店舗様も)

images_40.jpg

汗だくで分解!
が、油汚れはあるけど、ファン、全然詰まってない・・・

ということで、
一人がなぜ排気ファンが回らないのか?の調査を実施
もう一人がファンやフィルターを薬品洗浄

images_41.jpg

結局、電気部品が焼けてモータが不動、というのが本当の原因でした。
もちろんモータは所有していないのでこれからメーカーに手配です。
弊社内最優先事項として進行中です!!

でも、もしその業者さんが今週木、金曜日に清掃に来ていたら、
当然、本当の原因はそこで発覚 ⇒ そこからモータ手配。
いったいいつになったら排気ファンは動くのか?って話です。

あまり同業の悪い話はしたくありませんが、実はこういうケースが意外と多いのも事実です。
みなさん、業者選びは気を付けてくださいね。。

東京国立市でエアコンクリーニング・各種清掃・修理を行っております、ケーズブレインズです。
猛暑が続いており、「エアコンは常にフル稼働!」といったお家や会社様が多いかと思います。
この季節、大活躍のエアコンですが、定期的なクリーニングを是非行いましょう。

特に以下のような症状があれば、
できるだけ早めにクリーニングを行うことをお勧めいたします。

□エアコン 冷暖房の効きが悪い
□エアコンを稼働されると、カビのような臭いがある
□エアコンからホコリや汚れが落ちる
□運転音が大きい
□エアコンフィルターを見ると汚れている、フィルターの奥が汚い

こういった状態を長く放置しますと、エアコンの効きが悪くなるだけでなく
大きな故障の原因にもなりますので注意が必要です。

また、エアコンクリーニングを行うことでこういったメリットがあります。

<お部屋の空気が綺麗に!>
長く洗浄していないエアコンを運転するとエアコン内部の汚れや
雑菌が室内へ放出されるため、お部屋の空気が悪くなります。
定期的にエアコンクリーニングを行うことで、
特に夏場・冬場に稼働した際 クリーンな風・空気となります。
お部屋全体の空気を綺麗に保つためにも
是非クリーニングを行いましょう。

<エアコンの寿命を長くし、電気代も節約できます!>
クリーニングによって冷暖房能力の低下を防ぐことで、
電気代の増加を抑えることができます。
また、エアコン内部の汚れはエアコンの故障に繋がります。
そのため、定期的クリーニングは「エアコンの長寿命化」に繋がります。

暑い夏をのりきる為に必須なエアコンをクリーニングし、
快適に過ごしましょう!

施工事例

エアコンメンテナンス

エアコンクリーニング

エアコンの汚れはカビや雑菌等が室内に放出されるだけでなく、冷暖房能力の低下を招きます。

エアコン修理

フロンガス漏えい点検

業務用冷蔵庫・空調機器の点検が義務化されました。頻度が多く難しい点検も当社が代行いたします。

空調機以外の施工

よくあるご質問

会社概要

採用情報

ブログ

スマートフォンサイト

コーポレートサイトはこちら

アクセス

エアコン・空調の洗浄・トラブル専門
ケーズブレインズ

アクセス 〒186-0011 東京都国立市谷保6049

TEL:042-512-8405
FAX:042-512-8406