フロンガス漏えい点検

2015年4月からの法改正により、業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)を所有する方に対し、簡易点検・定期点検、フロン漏えいの管理・報告が義務化されました。

全ての点検が容易に出来るものではなく、
例えば該当する冷凍空調機器が導入された建物を所有する方、
店舗を経営されている方等、
これまでこういった点検を行ってこなかった方に、
責任が重くのしかかっているのが現状です。

ケーズブレインズでは、この点検に必要となる
資格(第二種冷媒フロン類取扱技術者)を取得した技術者が、
皆様に代わって点検業務を行います。

皆様の負担軽減はもちろん、問題が見つかった場合の修理、施工、
今後の空調機器の取り扱いに関するご提案なども含め、
トータルなサポートをいたします。

不動産所有者様、不動産管理会社様、店舗経営者様等、お気軽にご相談下さい!

点検報告の義務があるのは、業務用の冷凍冷蔵庫・空調機器を
所有する方が対象となります。
定期的な機器の点検と点検の記録・保存を行い、
所有する機器からフロンの漏えいがあった際は、
速やかに国へ報告する義務があります。

また、点検にも「簡易点検」と「定期点検」があり、
両方を行う必要があります。

簡易点検について

簡易点検については、冷凍空調機器全てが対象となり、3ヶ月に1回以上の点検の実施が義務化されました。
点検自体は、「異音・損傷・錆や油などによる腐食」といった目視点検で済む範囲となります。

ただし、全ての機器が対象となるため、点検のたびに大きな負担が掛かることとなります。
また取り付けた場所によっては、屋外・高所など一般の方が点検するには大きな危険を伴う場合もございます。
確認が難しい場合は、ケーズブレインズまでご相談下さい。

定期点検について

一方、定期点検は機種と出力によって明確に点検頻度が定められています。
具体的には以下のようなルールで点検が義務付けられています。

対象機器 定格出力 必要な点検頻度
冷凍・冷蔵機器 7.5kW以上 1年に1回以上
エアーコンディショナー 7.5kW以上50kW未満 3年に1回以上
50kW以上 1年に1回以上

こちらの定期点検については専門業者による確認が必須となります。
フロン充填量の確認、過不足の調査、記録・保存といった業務の
ほか、修理が必要となった場合に詳細な報告などを行います。

また、取った記録は機器ごとに全て保存・管理する必要があり、
これは対象の機器を廃棄するまで続きます。

点検の結果、フロンの漏えいが発見された場合は
修理が必須となります。修理をせずそのままフロンを
充填した場合は法律により罰せられます。

また、一定量以上の漏えいが確認された場合、
所轄官庁に報告する必要があります。報告には締め切り期日が
定められており、それまでに報告しなければなりません。

 

お問い合わせ

施工事例

エアコンメンテナンス

エアコンクリーニング

エアコンの汚れはカビや雑菌等が室内に放出されるだけでなく、冷暖房能力の低下を招きます。

エアコン修理

フロンガス漏えい点検

業務用冷蔵庫・空調機器の点検が義務化されました。頻度が多く難しい点検も当社が代行いたします。

空調機以外の施工

よくあるご質問

会社概要

採用情報

ブログ

スマートフォンサイト

コーポレートサイトはこちら

アクセス

エアコン・空調の洗浄・トラブル専門
ケーズブレインズ

アクセス 〒186-0011 東京都国立市谷保6049

TEL:042-512-8405
FAX:042-512-8406